年末年始を徳島で過ごす人たちの帰省ラッシュがピークを迎えている。本四架橋が移動の主流になった今でも、徳島と和歌山を結ぶ南海フェリーを利用する人は多い。

写真を拡大 12月15日に引退した「フェリーつるぎ」
写真を拡大 つるぎに代わって就航した新造船「フェリーあい」

 今月15日、約20年間活躍した「フェリーつるぎ」が引退した。代わって就航したのが新造船「あい」。白を基調に、阿波藍をイメージした藍色のラインが2本引かれた船体は、上空からもよく目立つ。

写真を拡大 新町川河口を進むフェリーあいの奥に、眉山が見える

 大勢の帰省客を乗せて徳島港を目指すあいを、正面の眉山が温かく迎えているように見えた。