会場内に設置された募金箱に寄付する参加者=徳島市の阿波観光ホテル

 沖縄特産の焼酎「泡盛」を飲みながら語り合う「第20回阿波を盛り上げる泡盛の会」が25日、徳島市の阿波観光ホテルであり、県内外の企業関係者ら180人が出席した。

 田村耕一会長(68)は冒頭のあいさつで、首里城(那覇市)の火災について「沖縄の人の喪失感を思うと心が痛む」と話し、再建に向けた寄付を呼び掛けた。会からの見舞金を沖縄県人会・徳島の金城清秀会長(45)に渡すと、金城会長は「沖縄県にきちんと届けたい」とお礼を述べた。

 参加者は沖縄県酒造組合が用意した泡盛を飲みながら歓談。組合から「泡盛の女王」に任命されている砂邊(すなべ)由美さん(24)=那覇市、会社員=が会場を盛り上げ、徳島文理大生がエイサーを披露した。