徳島刑務所=徳島市入田町

 徳島刑務所(徳島市入田町)は26日、別の居室に収容されている受刑者間の伝言を仲介するなど不適正な行為をしたとして、男性看守(21)を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 刑務所によると、不適正な行為は2018年9月ごろから19年5月までの間に発生。受刑者1人の近況を別の居室にいる受刑者1人に伝えた。受刑者と職務上必要のない会話を5回したほか、受刑者間の口論を制止しなかった。複数の受刑者に別の受刑者の収容場所などを3回漏えいするといった事実もあった。

 19年6月、伝言の仲介に関わった受刑者から申告を受け、刑務所が看守らを聴取。看守は事実を認め「近況を伝えたらお互い安心すると思った」などと話しているという。

 刑務所長は「二度とこのような事案を発生させないよう職員の指導を徹底する」とコメントした。