徳島区検は26日、飼い犬の管理を怠り小学生の姉妹3人にけがを負わせた阿南市の農業男性(79)を業務上過失傷害、狂犬病予防法違反の両罪で略式起訴した。徳島簡裁は罰金50万円の略式命令を出し、即日納付された。

 命令などによると、男性は昨年3月18日にイノシシ猟で入った佐那河内村の山中で猟犬を見失ったが十分捜さず、民家の敷地で猟犬が姉妹3人にかみついてけがをさせた。また飼い犬4匹を阿南市に登録していなかった。