城東対新潟工 後半13分、城東の伊藤が抜け出してトライを決め、19―7とリードを広げる=東大阪市花園ラグビー場

 第99回全国高校ラグビー大会第2日は28日、東大阪市の花園ラグビー場で1回戦の残り11試合が行われ、3年連続13度目の出場となる徳島県代表の城東は21ー7で16年連続44度目出場の新潟工(新潟)に快勝した。城東の花園での初戦突破は2年連続。

 城東は前半、橋本と三木の2トライで14ー7とリードして折り返した。後半は攻め込まれる時間が続いたが粘り強いディフェンスでしのぎ、伊藤がトライを決めて突き放した。2回戦の相手はBシードの日本航空石川(石川)で、30日午前9時から行われる。

 全員で守り攻撃

 城東・伊達圭太監督の話 ワークレート(仕事量)で相手を上回り、15人全員で守って攻撃につなげることができた。次戦もディフェンスで体を張る城東ラグビーをしたい。