福岡大大濠―北陸 シュートを決める福岡大大濠・西田公=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 バスケットボールの全国高校選手権は29日正午から、東京都の調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで男子決勝が行われる。海陽中学校出身の西田公陽、陽成兄弟が所属する福岡大大濠が福岡第一と対戦する。

 福岡大大濠は、1回戦で徳島県代表の海部を下し、勝ち上がった。準決勝ではインターハイ準優勝の北陸(福井)と戦い、99―69で勝利した。兄で主将を務める西田公陽は全試合に先発出場し、北陸戦では17得点を挙げた。弟の陽成も2年生ながら全試合に出場している。

 福岡第一は、昨年の選手権で優勝し、インターハイでも頂点に立っている。両校は、今年の選手権福岡県大会の決勝で対戦して福岡第一が勝利しており、福岡大大濠は雪辱に燃えている。