徳島県出身のシンガー・ソングライター米津玄師さんは、おおみそか放送のNHK紅白歌合戦で人気アイドルグループ嵐のために作詞・作曲した新曲「カイト」が初披露され、米津さんも登場する制作風景のドキュメンタリー映像が放映されることに関連し、自身が歌唱を披露するかどうかについてツイッターで「VTR出演のみで歌唱はありません」と否定した。米津さんの出演を巡る報道が過熱していることをけん制したものとみられる。

写真を拡大 (phot by 山田智和)

 米津さんは、制作ドキュメンタリーの放送を伝えるネット記事をリツイートした上で「紅白歌合戦、カイトに纏(まつ)わるVTR出演のみで歌唱はありませんがよろしくお願いします。楽曲制作で関わらせてもらったFoorin、菅田(将暉)くん、嵐の皆さんを応援してます。よい年末になりますよーに。」と、自身が紅白でパフォーマンスする可能性を否定した上で、自身の楽曲を歌うFoorinの5人と、菅田さん、嵐の5人にエールを送った。

 このツイートに対し、米津さんと親交が深く、今年の紅白に3年ぶりに出場して大ヒットしたアニメ映画「天気の子」のスペシャルメドレーを披露する予定の4人組ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル野田洋次郎さんは「米津も来ればいいのに、呑(の)んでないで。」と冗談を交じえて出演を促した。野田さんのツイートを受けた米津さんは紅白については触れず「パイセン来年もよろしくお願いします」とあいさつするにとどめた。