Aさんと最初に衝突したタクシー

 31日午前3時10分ごろ、徳島市秋田町5の市道を歩いていた大阪市西区、会社員の男性Aさん(36)がタクシー3台に立て続けにはねられた。Aさんは徳島市の病院に運ばれ、脊髄損傷などで死亡した。

 徳島中央署によると、現場は片側2車線の見通しの良い直線道路。Aさんは横断歩道のない車道の中央付近に立っており、北に向かっていた男性Bさん(71)=徳島市名東町=のタクシーと衝突した。弾みでAさんが対向車線に倒れたところ、南進してきた男性Cさん(69)=同市鷹匠町、男性Dさん(66)=鳴門市撫養町=のタクシー2台に相次いでひかれた。

 Aさんは徳島市の実家に帰省中で、30日午後に中学校の同窓会に出席していた。Bさんは客を迎えに行く途中だった。Cさん、Dさんのタクシーの乗客計3人にけがはなかった。署が原因を調べている。

 2019年の徳島県内の交通事故による死者は41人となった。