写真を拡大 徳島板野署

 6日午前11時55分ごろ、藍住町奥野の県道交差点で、近くの無職女性(54)の軽乗用車に乗用車が衝突し、逃走した。女性は腰の骨を折る重傷を負った。徳島板野署は道交法違反(救護義務違反、事故不申告)と自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、乗用車を運転していた鳴門市撫養町、無職の男(73)を逮捕した。

 署によると、現場は南北に走る片側1車線の県道と、東西に延びる単線の県道が交わる交差点で信号機がある。女性が西から北に左折していたところ、南から北に向かっていた男の車がぶつかった。女性の車は弾みで、交差点北西にある店舗敷地内の支柱に衝突した。

 車種やナンバーなどの目撃証言を基に、逃走した男の車を特定。署員が任意捜査で男の自宅に止まっていた車を調べ、特徴が一致した。

 男は「事故を起こし、逃げたのは間違いない」と容疑を認めている。署は事故原因や逃走した理由を調べている。