日向坂46の2期生で体調不良のため昨年6月から休業していた濱岸ひよりさんの復帰が発表された7日、ツイッター上ではファンの喜びのコメントがあふれ「濱岸ひより」「ひよたん(濱岸さんの愛称)復帰」「日向坂46」がトレンド入りするほどの大きな反響を呼んだ。この日の午前中に姉妹グループである乃木坂46を8年半にわたってリードした絶対エース白石麻衣さんが突然の卒業発表をしたばかりで、沈んでいた坂道シリーズのファンにとっては明るいニュースとなった。

 

 濱岸さんの復帰は、午後に日向坂46の公式サイトで発表された。これを受けてツイッター上では「ひよたん! おかえりなさい!」「ひよたん復帰めちゃくちゃうれしい」「待ってたよひよたん…本当に帰ってきてくれてありがとう…」「もう明日から毎日元気に生きていける」「体調に気を付けながらこれからも頑張ってね」「ひよたん復帰は2020年で最高のニュース」「(日向坂46が)さらにパワーアップ間違いなし」といった喜びの声が相次いだ。

 濱岸さん復帰を、白石さんの卒業と合わせて特別な感慨をもって受け止める坂道シリーズ共通のファンも多く「まいやんが卒業発表して泣いて、ひよたん復帰でまた泣いて」「まいやん卒業で世界中が絶望してる中、残された希望」「まいやん卒業により気持ちマイナス46。ひよたん復帰により気持ちプラス47により、ただいまテンションあがっております」「こういう卒業の悲しいムードの中、うれしいニュースはほんまに助かるわ」とのつぶやきも見られた。

【メンバーから愛される濱岸さん】

 幼さの残るルックスと無邪気な言動に加え、3歳の頃から11年間習っていたというバレエを生かした美しいダンスで人気を集めていた濱岸さん。昨年6月に休業を発表した際には、メンバーがブログで濱岸さんの心優しい人柄が表れたエピソードの数々を明かし、同時期に卒業を発表した柿崎芽実さんのエピソードと合わせてファンの間で「泣ける」と大きな話題を呼んでいた。

 1期生の佐々木美玲さんは「ひよたんは自分が休業するのに私のことを心配してくれていました。みーぱんさん(佐々木さんの愛称)が心配です。無理しないでくださいねって。人の心配をするなんて本当に優しい子だなって思います。そんなひよたんが大好きです」と自分を差し置いて先輩の心配をする濱岸さんの優しさをたたえ「だからひよたんが戻ってくるまでひよたんの分まで頑張るし、ひよたんが戻って来やすいようにできたらいいなとおもいます」と決意をつづった。

 同じ2期生の渡邉美穂さんも「ひよたんは本当に明るくて面白くて、とにかく周りを元気にさせてくれるような人です。そしてとにかく、気遣い屋さんなんです。いつも周りを見ながら動いていて、人の心配をしている姿もたくさん見てきました。もちろん、私もたくさん助けられました。つらいけど誰にも弱音を吐けない時、ひよたんの『大丈夫?』という一言に何度助けられたか。感謝してもしきれません」と濱岸さんの優しさに救われた経験を明かした。

 最年少の3期生・上村ひなのさんは「ひよたんさんは私が加入することが決まる前から『後輩ができたら優しくする!』とよく言っていたそうです。実際にたくさんの優しさを頂きました。私がけやき坂46に入りたての頃、『ひよたんって呼んでいいよ!』『タメ口でいいよ!』と、私が三期生一人でも過ごしやすいように提案してくださったのがひよたんさんでした。私はその優しさに安心して、けやき坂46加入直後の緊張をすぐに解くことができたのだと思います」と心温まるエピソードを紹介した。