[磯]<大島>7日、波風ともに穏やか。上り潮で水温19度。グレは、ノコギリで28~36センチを6匹。桃地で28~35センチを3匹と30センチ前後のイサギ15匹。桃オチで30~39センチを3匹と30センチ前後のイサギ9匹。タタミで28~39センチ5匹と30センチのイサギ、28センチのアイゴを各1匹。

 <津島>7日、波風ともに穏やか。上り潮で水温19・5~19・8度。グレは、一番東で35センチを1匹。大バエ東で32~36センチを4匹。サバセで34~38センチを4匹。鈴木バエで29~40センチを5匹。ワレスベリで37、41センチを2匹。サンゴは東で33、37センチ同数。胴で25~45センチを7匹。

 <宍喰>7日、波風ともに穏やか。竹ケ島周辺の水温は18・7度。グレは、松の下で30~42センチを6匹。前磯側の棚バエで28~35センチを20匹。6日には那佐半島の行者のハナレで33~39センチを5匹。イガグリで33・5センチを1匹。ムシクイで38・5センチを1匹。馬ノ瀬で33センチを1匹。テーブルで30、32センチを2匹。イナンカバエは2人で30~34センチを6匹。

 <高知・甲浦>7日、波は穏やか。水温19・2度。グレは、ミツバエ西で30、34センチを2匹。その後、1号イカダに替わり、33、35センチを2匹と35センチのイシダイ1匹追加。

 [イカダ]<宍喰>7日、沖の1号カセで2人が40、42センチのグレ2匹と40センチのイサギ1匹。6日も1号で2人がウキ下3~6ヒロで30~40センチのグレ12匹。

 [船釣り]<鳴門海峡>7日、波風ともに穏やか。朝のうちは小雨が降った。仕立船で出掛けた徳島市の中学生渡辺大樹さんが小型の冷凍タチウオを餌に115センチ(7・4キロ)のサワラ1匹。同行の小学生の兄弟は生きアジを餌に50~81センチのヒラメ3匹。別の人が同様の仕掛けで45センチのハマチ2匹と48センチのヒラメ1匹。水深60~80メートルの場所でアタリがあった。6日には別の乗合船で2人が生きアジの泳がせ釣りで100センチ(10キロ)のブリ1匹と40~60センチのヒラメ3匹。別の自家用船でも冷凍イワシを餌に70~90センチのサワラが上がっていたが数は未確認。(県釣連盟報道部)