出荷が最盛期を迎えたヒイラギを手にする農家=上勝町正木のJA東とくしま上勝支所

 2月3日の節分を前に、葉っぱビジネス「彩(いろどり)」が盛んな徳島県上勝町でヒイラギの出荷が最盛期を迎えている。東京の大田市場に出荷し、豆とセットにして全国のスーパーで販売される。

 町の第三セクター・いろどりによると、節分用に7万5千本の注文がある。町内の農家約60軒が、1本につき20~25枚の葉が付いたヒイラギを長さ18センチに整え、箱詰めする作業に追われている。

 坂口雅子さん(80)=正木=は「とげがあって収穫するのも大変。季節を彩る日本の文化を感じてほしい」と話した。