掃海艇「つのしま」を見学する来場者=小松島市小松島町の徳島小松島港新港

 海上自衛隊第42掃海隊(神戸市)の掃海艇「つのしま」の一般公開が20日、小松島市小松島町の徳島小松島港新港で始まり、大勢の親子連れが詰め掛けた。21日まで。

 隊員から「磁気に反応する機雷もあるため、船体は木とアルミでできている」などと説明を受けながら、機雷とその重りを切断するカッター、浮上させた機雷を破壊する20ミリ機関砲、無人機雷探査機などの装備を見学した。おぼれた人を救助するデモンストレーションやロープの結び方を体験するコーナーもあった。

 家族で訪れた徳島市の方上小学校5年藤田真言(まこと)君(10)は「海を守るすごい仕事だと思った」と話していた。一般公開は午後1時から同4時まで。