8日の県内は、前線を伴う低気圧が日本海を通過した影響で午前中は南寄りの強風が、午後からは北寄りの猛烈な強風が吹き海上は大荒れとなっていた。そのため県内の渡船は休業し、波止や岸壁にも釣り人の姿は見当たらなかった。

 [磯]<大島>7日、上り潮で水温19度。グレは本場回りのヒッツキ高で32~38センチを4匹。同船着は30~35センチを5匹。屋形東は30~45センチを13匹。同西は34~38センチを9匹。佐本回りの大バエ東で30~37センチを10匹と25~28センチのイサギ3匹、30センチのアイゴ1匹。裏回りは赤バエの地で33~38センチを5匹と35センチのアイゴ1匹。田所は30~38センチを9匹。タキは46・5センチを1匹と27センチのイサギ1匹。櫂投回りのタニハンで28~47センチを13匹。同地は32~38センチを10匹。中ノハエは2人で30~35センチを13匹。底物仕掛けの人は裏回りのデボで42センチのイシダイ1匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>7日、赤灯付近では沖アミを餌にフカセ釣りで30センチ前後のチヌ6匹。

 <赤石東ふ頭>7日、12時から3時間、赤アミを餌にサビキ仕掛けで18~21センチのイワシ45匹。時間帯が悪かったのか、周辺に釣り人も少なく、また20センチ前後のコノシロや10センチ前後のカタクチイワシが多く、狙いのイワシは少なかった。(県釣連盟報道部)

 コラム

 年末に釣り納めをし、年明け早々に初釣りに出掛けたという方も多かったのではないだろうか。連休が長くなると、釣りに行く回数が増えそうなものだが、最近は事情が変わってきている。

 家族との時間を大切にする釣り師も多くなり、連休中は釣り三昧だったという人も釣りは1日だけというケースが増えているように思う。年間の休みの数が変わらず、連休の日数が長くなれば、それだけ釣りに行く回数が減ることになる。家族との時間を取るか、釣りにいくか悩ましい選択となると思うが今年1年、釣り人の皆さまが家族円満な年になるよう願っている。(高橋)