阿波吉野川署

 9日午前11時50分ごろ、阿波市阿波町高垣の診療所の建築工事現場で、徳島市のとび職の男性(52)が高さ約6・5㍍の足場から転落した。男性は意識不明の状態で徳島市の病院に運ばれ、約2時間45分後に脳挫傷で死亡した。

 阿波吉野川署によると、男性はヘルメットをかぶって鉄骨を組み立てていた。署が原因を調べている。