炎を上げて燃える住宅=10日午前0時40分ごろ、上板町西分(読者提供)

 10日午前0時20分ごろ、上板町、整体師の男性(65)方から出火。木造2階建ての母屋、木造平屋の離れ、倉庫など4棟延べ約232平方㍍を全焼した。けが人はいなかった。

 徳島板野署によると、男性は1人暮らし。出火時は離れにおり、逃げ出して無事だった。9日午後9時ごろ、母屋の風呂を沸かすためにまきを燃やしており、署は風呂場付近から出火したとみて調べている。