沖縄限定ボンカレー

 大塚ホールディングス傘下の大塚食品(大阪市)は10日、火災で主要施設が焼失した首里城(那覇市)再建を支援するため、レトルト食品「沖縄限定ボンカレー」の売り上げの一部を寄付すると発表した。2020年12月末まで、1食につき1円を「首里城再建支援のための県民募金」に贈る。

 沖縄限定ボンカレーは、1968年のボンカレー発売当時の味の商品で、徳島工場(徳島市)で製造し、沖縄県を中心に販売している。パッケージの裏面に首里城のイラストを使っていることもあり、支援を決めた。

 公式通販サイトでも扱っており、徳島県内では徳島阿波おどり空港(松茂町)と大塚国際美術館(鳴門市)の売店で購入できる。