吉田篤史氏

 四国アイランドリーグplus(IL)の徳島インディゴソックスは15日、新監督にプロ野球・ロッテなどで投手としてプレーした吉田篤史氏(49)が就任すると発表した。20日に徳島市のとくぎんトモニプラザで就任会見を行う。

 吉田氏は新潟県出身。日本文理高から社会人のヤマハを経て、1991年のドラフト1位でロッテに入団。1年目から先発ローテーション入りし、2003年に阪神に移り、04年に引退した。指導者としては05年から7年間、横浜(現DeNA)の1軍投手コーチなどを歴任。その後は独立リーグ・信濃のコーチや福島県のクラブチームで監督などを務めた。

 徳島球団は、独立リーグ群馬の監督に就任した牧野塁前監督の退任に伴い、後任の人選を進めていた。吉田氏の人間教育重視の育成方針や独立リーグでのコーチ経験などを評価し、就任を打診していた。