[磯]<福村>13日、北西の風が強かったが12時ごろから収まった。水温13・9度。一番イサギ場で40センチのチヌ1匹。

 <恵比須浜>13日、上り潮で水温16・3~17・4度。大辰巳周辺のハエで25~35センチのグレ5匹。28、35センチを2匹。42センチを1匹。

 <大島>13日、上り潮が下りに変わり水温18・4度。グレは、ノコギリ地で30センチを1匹と25~28センチのイサギ16匹。ピストルで2人が30~35センチを10匹。沖ソエで28~33センチを7匹。地ソエで33、35センチを2匹。新ホリモンで28、43・5センチの尾長グレと28、33センチのイサギを各2匹。ヒジカケで2人が25~34センチを5匹と25~28センチのイサギ6匹、30センチのアイゴ2匹。木村で28~35センチを5匹と30センチのイサギ1匹。象ノハナで2人が30~43センチを11匹と30センチのイサギ1匹。金輪で2人が32~33センチを4匹と32センチのイサギ2匹。ヒッツキの大バエで2人が30~35センチを12匹と同型のイサギ4匹。桃オチで徳島幻釣会の人が32~43センチを7匹と27~28センチのイサギ3匹。

 <高知・甲浦>13日、水温18・3度。ミツバエ中で37センチのグレ1匹。エボシで32~34センチを3匹。長兵衛バエで35センチを1匹。

 <伊島>12日、小雨が降り少し波があった。潮はあまり動かず水温15度。プライドカップが開催され48人が参加。グレやチヌ、アイゴ、イサギ、マダイ、イシダイを対象に5匹までの重量を競った。計量したのは26人。入賞は渡船4隻の上位者から優先に選んだ。オンビキで香川県丸亀市の松井誠さんが6110グラム(43~47センチのグレ3匹と32、37センチのイサギ2匹)で優勝。桶バエで藍住町の坂口安秋さんが4560グラム(40センチ前後のグレ3匹と40センチのチヌ、42センチのイサギを各1匹)で2位。豚太郎で小松島市の近藤哲弘さんが3470グラム(40センチ前後のグレ2匹と40センチのチヌ1匹)で3位。沖ノ長バエで藍住町の福原健さんが2100グラム(38、43センチのグレ2匹)で4位。

 [イカダ]<宍喰>13日、沖のカセ周辺の水温18度。1号で30センチ前後のアイゴ4匹と35センチのグレ、同型のイシダイ、20センチの本ハゲを各1匹。3号では2人が35~40センチのグレ14匹と28センチのアイゴ1匹。

 [船釣り]<伊島沖>13日、少しうねりがあった。乗合船で出掛けた人らが30号のオモリを付けた胴付仕掛けで本ハゲを狙い27センチまでをサオ頭が14匹。別の人も3~13匹。別の船はジギングや釣った魚を餌に70センチのメジロと73センチのサワラ、60センチのヒラメを各1匹、48センチまでのハマチ40匹余り。別の船も30~45センチのマハタ3匹と48センチまでのハマチ3~15匹。(県釣連盟報道部)