河内志郎さん

 日本とモンゴルの交流に取り組んでいる三木資源(徳島市)の河内志郎会長(75)=徳島県阿南市見能林町=が15日、モンゴルの名誉領事に四国で初めて任命された。任期は2年。就任に伴い、国内6カ所目のモンゴル名誉領事館が徳島市に開設される。四国4県を管轄し、モンゴル人の保護や経済、文化、教育など幅広い分野での交流を推進する。

 河内さんは少年野球を通じた日本とモンゴルの交流を支援。県内自治体の協力で救急・消防車をモンゴルに贈る活動にも取り組んでいる。2015年にはモンゴル政府から外国人に与えられる最高位の勲章「北極星勲章」を受章。17年から同国文化大使も務めている。

 東京・渋谷の在日モンゴル大使館で、ダンバダルジャー・バッチジャルガル特命全権大使から任命証を受け取った。河内さんは「四国とモンゴルに共通する観光産業の振興や、4県の特色ある技術を生かしたものづくりによる交流を進めたい」と抱負を述べた。