下船し、県内観光に向かう観光客ら=午前7時25分ごろ、小松島市の徳島小松島港赤石岸壁

 英国船籍の豪華クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」(全長290メートル、11万5875トン)が26日早朝、小松島市の徳島小松島港赤石岸壁に寄港した。同船が県内に寄港するのは3度目。

 乗客は国内外の2804人で、このうち1706人が米国やオーストリアなどからの訪日外国人旅行客。20日に神戸市を出港し、韓国・釜山や長崎市、宮崎県日南市を訪問。高知市を経て神戸に戻る途中で立ち寄った。

 乗客は午前7時20分ごろから下船。ツアーバスやシャトルバスに乗り込み、渦の道(鳴門市)やうだつの町並み(美馬市)、四国霊場21番札所・太龍寺(阿南市)などに向けて出発した。

 米国カリフォルニア州から来たスー・ディマジオさん(68)は「徳島はもちろん日本に来たのも初めて。うだつの町並みに行くのが楽しみ」と話していた。

 同船は午後5時に小松島を離れ、27日、神戸に帰港する。