広島高裁の仮処分決定を受け四国電力は17日、高松市で記者会見し、西崎明文常務は「高度で専門的かつ厳正な審査を経て世界最高水準の基準をクリアしている。再びの停止決定は到底承服できない」と強調した。