フランス・リヨン近郊の自身のレストラン前でポーズをとるポール・ボキューズ氏=2011年3月(AP=共同)

 【パリ共同】フランスのミシュランガイドが、同国の名シェフ、故ポール・ボキューズ氏が南部リヨン近郊に開いたレストランについて、1965年から維持してきた三つ星を二つ星に格下げすることを決めた。フランス誌ルポワン電子版などが17日までに伝えた。

 ボキューズ氏は2018年1月に91歳で死去。ミシュランは「レストランの質は今も優れているが、もはや三つ星のレベルではない」とコメントした。今月下旬に発表する20年版のガイドに反映される。ボキューズ氏の死去以前から、もう三つ星に当たらないとの意見もあったが、今回の決定でフランスの料理界には大きな衝撃が広がった。