2012年10月、ファイナルステージ進出を決め、ファンの声援に応える中日・高木監督=ナゴヤドーム

 プロ野球中日で俊足好打の名二塁手として活躍し、監督では1994年に巨人との「10・8決戦」を指揮した高木守道(たかぎ・もりみち)さんが17日、死去した。78歳。岐阜県出身。

 県岐阜商高で59年の選抜高校野球大会で準優勝し、60年に中日入団。50盗塁をマークした63年など3度の盗塁王に輝いた。ゴールデングラブ賞(当時ダイヤモンドグラブ賞)3度、ベストナインは7度獲得した。

 80年限りで引退し、86年途中に監督代行。92年から95年途中までと2012、13年の2度監督を務めた。

 2006年に野球殿堂入り。現役21年で2282試合、2274安打、236本塁打。