17日の県内は雨が降ったりやんだりして、釣りに出掛けた人は少なかったようだ。

 [磯]<大島>17日、上り潮で水温18・8~19度。グレは、本場回りの俵で30、42・5センチを2匹と32センチのイサギ、25センチのイシガキダイを各1匹。源六で28~32・5センチを10匹と33センチのイサギ1匹。ヒッツキの大バエで32~41・5センチを4匹。ヒッツキで30~35・5センチを8匹と30センチのイサギ1匹。屋形で30~42・5センチを7匹と30センチのアイゴ1匹。別の人も30~44センチを14匹と30センチのアイゴ1匹。裏回りの桃オチで28~44センチを9匹。桃ノ木で30~38センチを3匹と25~32センチのイサギ3匹。櫂投回りはタニハン地で30~40センチを7匹。16日は、櫂投回りのタニハンで朝日フィッシングファミリーの人が28~44センチを31匹。15日にもヒッツキの大バエで30~38センチのグレ43匹と2日続けて大釣りした。

 <恵比須浦>16日、速い上り潮で水温17・7~18・8度。大辰巳周辺のハエでグレは、27~40センチを5匹と30センチのアイゴ1匹。35~38センチを3匹。25~32センチを3匹。32センチを1匹。

 <日和佐>16日、午前中は速い上り潮で釣りづらかった。水温17・8度。大明神からヨボシに替わった阿南市の人が25~42センチのグレ6匹と32センチのイサギ、35センチのアイゴを各1匹。同行の人も30センチのグレと同型のイサギを各2匹。イカリで40センチのグレ1匹。底物を狙った人は28センチのイシガキダイ1匹。

 <宍喰>16日、地磯でアジを餌に取り込みにはヤエンを使い1・4キロまでのアオリイカ3匹。

 [船釣り]<伊島沖>16日、仕立船で出掛けた人らがジギングや釣った魚を餌に30~45センチのオニカサゴ20匹と25~40センチのガガネ9匹、同型のマハタ5匹、23~35センチのレンコダイ18匹、85、94センチのブリ2匹、アマダイ、ムシガレイを各1匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>16日、沖アミを餌にフカセ釣りで30センチのチヌ1匹。少し離れた所でも46、48センチを各1匹。

 <恵比須浜>16日、早朝までアジを餌に取り込みにはヤエンを使い、0・3、1・4キロのアオリイカ2匹。日中は全体で0・5キロ前後を5匹。

 <高知・室戸岬漁港>16日、消波ブロックでアジを餌に1キロ前後のアオリイカ2匹。(県釣連盟報道部)