新谷仁美

 陸上女子で昨秋の世界選手権1万メートルに出場した31歳の新谷仁美が19日、米テキサス州ヒューストンで行われたハーフマラソンに出場し、1時間6分38秒の日本新記録で優勝した。従来の記録は2006年に福士加代子が出した1時間7分26秒で、14年ぶりに48秒塗り替えた。

 新谷は所属先を通じて「日本記録を目標にしていたので、今はほっとしている。今年は五輪があるので、期待に応えられるような走りをできるようにトレーニングに励みます」とコメントした。

 新谷は13年世界選手権1万メートルで5位入賞を果たしたが、14年に引退を表明。一般企業での勤務を経て18年に復帰した。