鮮やかな黄色の花を咲かせたキバナアマ=徳島市眉山町大滝山の「和田乃屋」

 20日の徳島県内は高気圧に覆われておおむね晴れた。徳島地方気象台によると、最高気温は美波町15・1度、徳島市13・7度、三好市池田町10・8度と各地で平年を3~4度上回り、3月上~中旬並みだった。

 徳島市眉山町大滝山の和菓子店「和田乃屋」の庭園では、ポルトガルの文人モラエス(1854~1929年)が植えたとされるキバナアマが満開になっている。見頃は3月中旬まで。

 キバナアマはアマ科の常緑低木で中国やインドが原産。直径4センチほどの濃い黄の花が、庭園を囲むように彩っている。板野町西中富の犬伏三千臣(みちおみ)さん(68)は「雰囲気がいい」と、盛んにカメラのシャッターを切っていた。

 21日は引き続き高気圧に覆われ、おおむね晴れる見込み。最高気温は徳島市11度、三好市池田町10度、美波町13度と予想されている。