[磯]<阿部>19日、上り潮で水温17・8度。飛島東で阿南市の福井和宏さんが30~42センチのグレ14匹と30センチのアイゴ5匹。西ウラも同市の稲田博美さんが30~42センチのグレ18匹と30センチのアイゴ7匹。

 <恵比須浦>20日、上り潮で水温17・9度。大辰巳周辺のハエで、28~38センチのグレ11匹と23~26センチの本ハゲ7匹。近くのハエでも25~32センチのグレ3匹と35センチのイシダイ1匹。

 <津島>20日、水温18・4~18・6度。うねりがあり上がれない磯もあった。潮が高くなるにつれ次第にうねりが大きくなり、午前中に納竿した船もあった。チョウセン西で29~41センチのグレ3匹。ワレスベリ低で31~43センチを7匹。同高で31~37センチを10匹。サンゴで28~32センチを3匹。

 <大島>20日、潮の流れは上ったり下ったりした。水温18・6度。グレは、佐本回りのナデで30~48センチを7匹。エボシで32センチを2匹と20~30センチのイサギ3匹。櫂投回りのタニハンで30~39センチを22匹。裏回りは田所で32~33センチを3匹。タタミで32~45・5センチを4匹と32センチのアイゴ1匹。マドで32、38センチを2匹。桃ノ木で2人が30~38センチを7匹と25センチのイサギ1匹。桃オチでも2人が30~35センチを3匹と25~28センチのイサギ15匹。

 <牟岐>19日は、大島と津島で、釣りバリメーカーファングループ徳島支部のグレ釣り大会が行われ、57人が参加。渡船は、大島に4隻、津島に1隻が出船。各船の上位者を優先に5匹までの重量を競った。潮の動きが悪く水温18・6度から18・2度に低下し、場所によるムラがあった。計量したのは29人。桃ノ木で徳島魚愛会の中津圭一さんが5670グラム(34~44センチ、5匹)で1位。ミッチャのタンポで阿波一風の吉岡美喜夫さんが4435グラム(34~39センチ、5匹)で2位。屋形の高下で阿南黒潮会の鎌田茂夫さんが3830グラム(34~38センチ、5匹)で3位。湧きグレが沖に群れていた場所もあったが、仕掛けが届く範囲でなく釣れなかった。対象外だが、イサギやアイゴも上がっていた。

 [イカダ]<宍喰>20日、沖の1号カセで2人が30~35センチのグレ7匹。

 [船釣り]<浅川沖>19日、北東の風で少しうねりがあった。水温19・1度。沖の掛け釣りは、タイラバージグで数人が30~60センチのマダイ10匹と30、40センチのイトヨリ、50センチのハマチ、80、85センチのメジロを各2匹、マハタ、アカハタを各1匹。(県釣連盟報道部)