関学大アメリカンフットボール部の新監督に決まり、抱負を語る大村和輝アシスタントヘッドコーチ=22日、兵庫県西宮市

 アメリカンフットボールの大学日本一を争う甲子園ボウルで史上最多30度の優勝を誇る関学大の新監督に大村和輝アシスタントヘッドコーチ(48)が2月1日付で就任することが22日、発表された。兵庫県西宮市のキャンパスで就任記者会見に臨み「伝統、歴史、文化を背負って、新しいことにもチャレンジしてチームを進化させられたら」と力強く抱負を語った。

 選手時代は関学大で甲子園ボウルを2度制覇。卒業後は社会人チームなどで指導を経験し、2009年から母校コーチとなった。名門チームを28年間率いて勇退した鳥内秀晃監督(61)の後任となる。