[磯]<由岐>22日、水温18・3~18・4度で速い上り潮。ムギバエは2人で28~42センチのグレ7匹と25~38センチのアイゴ19匹。テグスは28~37センチのグレ7匹と30センチ前後のアイゴ11匹。

 <大島>22日、水温18・4~18・7度で下り潮。渡船10隻。27~49センチのグレは、港回りのノコギリで7匹。本場回りは、沖ソエで6匹とアイゴ1匹。谷で3匹とイサギ1匹。ピストルで7匹。潜航艇で3匹。俵も3匹。ヒジカケで5匹。佐本回りのミッチャで3人が17匹とイサギ6匹。ナデで2人が22匹とイサギ8匹。エボシの地も2人で15匹とイサギ3匹。大バエ西で10匹。大バエ東で2人が17匹。沖ノハエも2人が7匹とイサギ6匹。一番で8匹とイサギ15匹。櫂投島の高橋バエで6匹。中ノハエで6匹。中ノハエの地で6匹。ジイで6匹。タニハンの地で2人が24匹。裏回りの田所で6匹。タタミで7匹。桃ノ木で3匹。

 <高知・甲浦>21日、水温19度。多少波があった。30~38センチのグレは小銀で5匹。銀座バエで2匹。浅草バエのハナレで3匹。ヒナダンで1匹。ミツバエ中で10匹。同西で6匹。土佐エボシで1匹と45センチのイシダイ1匹。クツガバエでは0・6、1・3キロのアオリイカ2匹。

 [波止]<小松島港沖ノ一文字>15日、中央付近で沖アミを餌にフカセ釣りで43センチのチヌ1匹。数回のバラシがあった。

 [イカダ]<ウチノ海>21日、強い北寄りの風で釣りづらかった。中央付近のヤカタでヌカと赤アミをマキ餌に、小粒の沖アミをサシ餌に30~35センチのサヨリ約50匹。別の人も40匹。

 <宍喰沖>21日、沖の1号カセでウキ下6ヒロ前後を狙った人が30~38センチのグレ15匹。(県釣連盟報道部)