押収された「amiibo」の偽造カード=23日午後、京都府警本部

 任天堂のゲーム機にかざすとアイテムが得られるようになる周辺機器「amiibo(アミーボ)」の偽造カードを販売したとして、京都府警は23日、不正競争防止法違反の疑いで愛知県東海市の男性会社員(34)を書類送検した。

 府警によると、正規品はフィギュアの形だが、偽造カードは縦約3センチ、横約2センチで同様の機能を持つ。会社員は人気ゲーム「ゼルダの伝説」で使える偽造カードを海外サイトで購入し、オークションサイトで転売。昨年5~10月、正規品の約2割の価格で36人に販売し、計約14万円を売り上げたとみて調べている。

 昨年7月、任天堂が府警に相談していた。