欅坂46脱退を発表した平手友梨奈

 アイドルグループ・欅坂46は23日、公式サイトを通じてメンバーの平手友梨奈(18)のグループ脱退と、織田奈那(21)、鈴本美愉(22)の卒業を発表した。

【デビュー時貴重写真】初々しすぎる笑顔 ミニスカ制服姿の平手友梨奈

 サイトでは「欅坂46のメンバーとして活動してまいりました織田奈那、鈴本美愉はこの発表をもちましてグループを卒業、平手友梨奈はグループを脱退致します」と報告。「在籍中はたくさんの応援をいただきありがとうございました」と伝えた。

 続けて「佐藤詩織は本人からの申し出により活動を一時休止致します。活動再開の目途が立ちましたら改めてご案内致します」とした。

 平手は、欅坂46の第1期生。2016年4月、欅坂46のデビューシングル「サイレントマジョリティー」で初選抜入り&センターを務める。以降、「世界には愛しかない」「二人セゾン」「不協和音」などの楽曲でもセンターを担当し、“不動のセンター”と呼ばれる。2016年7月、メンバー総出演のテレビ東京系ドラマ『徳山大五郎を誰が殺したか?』で連続ドラマ初出演。18年には映画『響 -HIBIKI-』で初主演を務めた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。