平間隼人

 巨人は23日、春季キャンプの振り分けを発表し、新人では育成ドラフト1位の平間隼人内野手(鳴門渦潮高出)が1軍メンバーに入った。右肘の炎症により、この日の新人合同自主トレーニングでノースロー調整だったドラフト1位の堀田賢慎投手(青森山田高)を含むその他の新人は2、3軍からスタートする。

 平間内野手は「こんなに早くチャンスが来ると思わなかった。自分らしく全力で取り組み、しっかりアピールする」と意気込みを語った。

 また、炭谷銀仁朗捕手、坂本勇人内野手、丸佳浩、亀井善行両外野手は各自で調整を任されており、キャンプ序盤は2軍で過ごす。増田大輝内野手(徳島市出身)は2軍スタートとなった。