23日、前線を伴った低気圧が通過し、海上では波が非常に高く休業した渡船が多かった。週末は晴れ間がのぞく予報だが、無理な釣行は控えてもらいたい。

 寒グレは終盤に近づき、卵や白子が大きくなった個体も増えてきた。餌取りも少ない時期で、大型と出合える確率が高くなってきた。天気予報をよく見て船頭さんと相談し、自己記録を更新する魚を狙ってほしい。

 [磯]<大島>23日、渡船は2隻。水温18・2~18・5度。非常に波が高く、上がれるハエが限られた。グレは裏回りのタタミで32、33センチを2匹。タタミ前でも33センチ前後を2匹。タキで30~33・5センチを3匹と25、30センチのアイゴ2匹。桃オチで30~42センチを6匹。桃オチ地で28~44センチを7匹。別の人は35センチ前後を2匹。櫂投回り中ノハエ地で29~34・5センチを7匹。タニハン地で28~34・5センチを3匹。

 <高知・甲浦>22日、水温18・8度。グレは、丸バエで31~38・5センチを11匹。ミツバエ西で30~35・5センチを5匹。東で33センチを1匹。スズキバエで31センチ前後の尾長グレ4匹。棚バエ西で32センチを1匹。ヒナダンでも35センチを1匹。エボシで40センチのヘダイと30センチのクエを各1匹。

 [波止]<赤石東ふ頭>23日、赤アミを餌にサビキ仕掛けで18~22センチのイワシ50匹。22日は30グラムのメタルジグで30センチ前後のコノシロ10匹。

 [船釣り]<阿南沖>22日、水温10~11度。60~75グラムのタイラバージグで25~50センチのマダイ4匹と65センチのオオニベ1匹。同行の人は25~39センチのマダイ3匹と63・5センチのオオニベ1匹。

 <伊島沖>22日、8人が水深30~40メートルの場所でアサリのムキ身を餌に18~27センチの本ハゲを各自7~28匹。

 [イカダ]<宍喰>22日、沖のカセは1号で2人が35~45センチのグレ11匹と30センチ前後のシマアジ2匹。(県釣連盟報道部)