徳島名西署は24日、勤務先の病院で入院患者の現金を盗んだとして、窃盗の疑いで徳島市、介護士の容疑者の女(45)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は昨年10月28日午前10~11時ごろ、勤務している徳島市内の病院で、入院していた市内の80代男性が個室に置いていた現金12万円を盗んだとしている。容疑を認めている。

 署によると、男性は現金を封筒に入れて個室の収納にしまっており、容疑者は男性が部屋を空けた隙に盗んだという。

 容疑者は6日、同じ病院で現金8千円を盗んだとして現行犯逮捕され、取り調べの中で別の窃盗容疑も認めた。署が余罪の有無を調べている。