事故があった線路を調べるJR四国の職員ら=24日午後7時15分ごろ、徳島市幸町

 24日午後6時10分ごろ、徳島市幸町のJR牟岐線で、石井町、無職男性(77)が海部発徳島行き普通列車(1両、乗員乗客約110人)にはねられた。男性は約1時間15分後に市内の病院で死亡が確認された。乗員乗客にけがはなかった。

 徳島中央署やJR四国によると、現場は徳島駅から阿波富田駅方面に約800メートルの市役所近くの線路で、辺りに踏切はない。直前に「高齢男性が線路を徳島駅方面に歩いている」と110番があった。

 列車は約1時間10分停車。事故の影響で牟岐線のほか高徳線、鳴門線、徳島線も一時運転を見合わせたが、午後7時20分すぎに再開した。特急、普通列車計15本が運休し、25本が最大で約1時半遅れ、約3200人に影響が出た。