大河ドラマ『麒麟がくる』第2回「道三の罠」(1月26日放送)より。斎藤道三の娘・帰蝶の最初の夫、土岐頼純役で矢野聖人が出演(C)NHK

 俳優の矢野聖人が、NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第2回「道三の罠」(26日放送)に土岐頼純役で初登場する。頼純は、美濃の守護・土岐頼武の嫡男で、斎藤道三の娘・帰蝶の最初の夫でもある。

【麒麟がくる】登場人物図鑑

 大河ドラマ初出演の矢野は「長年続いている大河ドラマに出演できるという喜びの方が大きかったです。また、時代劇という自分にとってあまり馴染みのないジャンルでお芝居をさせていただくのに、自分の力が最大限発揮できるか不安な部分もありましたが、スタッフの皆様にサポートしていただき素敵なシーンが出来上がったと思っております! 頼純の感情の変化に伴った表情にぜひ、視聴者の皆様には注目していただきたいです!」と、コメントを寄せている。

 第2回では、望月東庵(堺正章)と駒(門脇麦)とともに美濃に帰ってきた明智光秀(長谷川博己)。しかし、その行く手には、美濃の侵略をもくろむ尾張の織田信秀(高橋克典)の大軍が迫っていた。多勢に無勢の中、籠城を決め込む道三。光秀と道三の嫡男・高政(伊藤英明)は反対するが、 それは敵を欺く道三の作戦だった…。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。