今の時期は冬型の気圧配置で、北西の風が強く吹き気温が低下する。徳島では北西の風が強く吹くと上潮が沖に押され、底潮の黒潮が接岸し上り潮となる。そのため潮が良くなり、活性が高くなるといわれ、グレの好釣果に期待できる。

 [磯]<大島>24日、下り潮で水温18・2~18・6度。昼ごろから北東の風が強く波も高くなり、13時までに撤収になった磯もあった。グレは本場回りのピストルで30、32センチを2匹。ソエバ船付で36センチを1匹。ホリモンで30~36・5センチを4匹。馬ノ背で39・5センチを1匹と30センチのイサギ、33センチのアイゴを各1匹。源六で30~35センチを8匹。カブトで28~37センチを10匹。地冨士で2人が30~38センチを11匹と30~35センチのアイゴ6匹。沖冨士で30センチを3匹。金輪で32~35センチを5匹と30センチのイサギ1匹。地ソエで28~35センチを5匹。型は未確認だが、屋形で4人が51匹とイサギ1匹。佐本回りのナデで25~35センチを9匹と25、27センチのイサギ2匹。ミッチャで2人が27~46センチを20匹。裏回りのタキで32センチを1匹と52センチのイシダイ1匹。タタミで30~35センチを3匹。タタミ前で33センチを1匹。スベリで32センチを1匹。港回りのノコギリではショアキャスティングでポッパーなどを使用した徳島市の長山明広さんが。80センチのヒラマサと79センチのメジロを各1匹。

 <津島>24日、下り潮で水温18・2度。グレはチョウセンで28~41センチを5匹。大バエ東で30~37センチを5匹。ワレ胴で33~36センチを3匹。

 <高知・甲浦>24日、曇り時々晴れで水温18・8度。波は前日より少なくなっていたものの高かった。エボシで33、34センチのグレ2匹。

 [波止]<和田島>24日、大手海岸で午前中の約3時間、マムシと沖アミを餌に消波ブロックの間を探り釣りで、26センチのアブラメ1匹と16~21センチのガガネ9匹。

 <高知・室戸>24日、室戸岬漁港で約6時間、沖アミを餌にフカセ釣りで、28~34センチのグレ5匹とハリス切れでバラシ2回。

 [ルアー]<椿泊湾>23日、日没後の約2時間、1・5インチのストレートワームのジグヘッドリグで表層から中層付近を狙い、15~18センチのアジ7匹と18センチのメバル1匹。(県釣連盟報道部)