『Fukushima 50』ワールドプレミアの舞台あいさつに登壇した渡辺謙 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の渡辺謙が26日、都内で行われた映画『Fukushima 50』(3月6日公開)ワールドプレミアの舞台あいさつに登壇。今作のメガホンを取った若松節朗監督から、渡辺の“ある暴挙”をバラされ釈明に追われる場面があった。

【写真】日本を代表する豪華キャストが登場

 今作は東日本大震災時の福島第一原発事故を描いており、若松監督は「この映画は5年かかってようやく完成した」としみじみ回顧。熱意のある出演者が集まり、「映画の趣旨に賛同して参加してくれた。僕が何を言わなくても原作本も読んでますし、『突き進むべき』という感じでした」と感謝していた。

 一方で、「僕の不安は、ジャイアンツの…」と言い掛けると、大の阪神ファンの渡辺が話をかぶせるように「ジャイアンツのメガホンを持ってくるんですよ。それで『よーいスタート!』をかけようとするんで、僕は『それはないだろう』って」と反論。負けじと若松監督は「それをゴミ箱に捨てるのだけは止めてほしかった」と切実に語り会場は大爆笑。最後に渡辺は「どんな話ですか!」と恥ずかしそうにツッコんでいた。

 舞台あいさつには、佐藤浩市、吉岡秀隆、緒形直人、平田満、萩原聖人、佐野史郎、安田成美が登壇した。

 東日本大震災により発生した原発事故の現場に残った名もなき作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれていた。世界中が見守っていた現場で何が起きていたのか。東日本全体へ危機が迫る中、死を覚悟して残った職員たちの知られざる“真実”を描かれる同作。佐藤は原子炉から最も近い中央制御室を指揮する1・2号機当直長の伊崎利夫、渡辺は福島第一原発所長だった吉田昌郎さんを演じる。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。