【聖火をつなぐ】

 東京五輪を前に県内で4月16、17日に聖火リレーが行われます。参加するランナーの意気込みや横顔を連載で紹介します。 (社会面)

【人間ベートーベン】

 鳴門市と縁の深い交響曲「第九」の作曲家ベートーベン。人生の苦悩を創作のエネルギーに歓喜の歌を生み出しました。今年は生誕250周年。放送大学徳島学習センター所長でドイツ文学者の石川榮作さんに人間像をつづってもらいます。 (文化面)

【性暴力とたたかう】

 連載第3部は、被害者支援や再犯防止に取り組む専門家らに、性暴力が起きる背景や社会的構造を語ってもらいます。 (社会面)

【2020年度県予算を読む】 

 県の2020年度一般会計当初予算案が発表されます。少子高齢化や南海トラフ巨大地震への対応など、山積する課題にどう予算を充てるのか。財政健全化は進んでいるのか。予算案を点検します。 (総合面)

【ヴォルティス特集】 

 サッカーJ2の2020年シーズンが23日、開幕します。昨季はあと一歩のところでJ1昇格を逃した徳島ヴォルティス。再び昇格に挑む選手の意気込みや、今季の新戦力を紹介します。 (19日付)

【スポーツ外来診察室から】 

 運動器について、正しく理解していますか。「そもそも運動器って何」「成長痛ってどんな状態」。一般の人が知らないこと、誤解しがちなことについて、徳島市の整形外科医、柏口新二さんに解説してもらいます。 (暮らし面)