内藤剛志(左)が演じる新しい刑事が初登場=ドラマスペシャル『全身刑事』(2月2日放送)後9:00~11:05)(左から)内藤、笠松将、中山忍(C)テレビ朝日

 俳優の内藤剛志が主演する新しい刑事ドラマシリーズが誕生。ドラマスペシャル『全身刑事』が2月2日(後9:00~11:05)にテレビ朝日系で放送される。今月3日に放送された『警視庁・捜査一課長 正月スペシャル』の終わりに予告編が流れるやいなや、インパクトの強いタイトルがSNSをザワつかせたが、その全貌がついに明らかになる。

【写真】ユニークな取り調べシーンも見どころ

 『科捜研の女』『警視庁・捜査一課長』シリーズをはじめ、30作を超えるテレビドラマでさまざまなタイプの刑事を演じ、“刑事ドラマの鉄人”とも称される内藤。本作で演じるのは、人生のほとんどを“刑事”として過ごし、頭のてっぺんからつま先まで“全身そのものが刑事”といっても過言ではない男。それがそのままタイトルになった。「僕自身、とても気に入っています」と内藤もニッコリ。

 内藤演じる主人公・名瀬裕太郎(なぜ・ゆうたろう)は、神奈川県警総務課の備品管理課員。ワケあって1年間の休職を経て備品管理課に異動するまで、“刑事一筋”で生きてきた男。難事件発生につき、署長・羽倉樫弥(はぐら・かしや)に頼まれ、新人管理官・海東隼人(かいとう・はやと)をサポートすることに。取り調べではまるで子どものように「なぜ?」を連発し、被疑者はもちろん、海東を翻ろう。単刀直入に「なぜ?」と斬り込むことで、人々の心の闇に迫っていく。

 これまで演じてきたどの刑事ともまったく違う、型破りなキャラクターに挑んだ内藤は、「推測でものを言わず、“なぜそう思うのか?”…虚心坦懐に聞く刑事がいたらどうなるのか、そこが本作でいちばんのチャレンジ。演技には“正解”がなく、新作だからこそ手探りで、日々悩みながら撮影に臨みました」と、試行錯誤しながら『全身刑事』を生み出した心境を明かしている。

 このドラマの大きなみどころのひとつが、名瀬が「なぜ?」と問いかけ続けることで、海東の先入観を崩していく取調室のシーン。「このドラマは演劇的な要素も感じられる作品で、特に取調室は舞台のよう。僕もこんな取り調べは、初めてやりました(笑)」と、“キャリアの87%が刑事役”と公言する内藤ですら驚くような場面をアピール。

 「刑事役をさまざま演じてきたからこそ新しいことをやりたいという思いもあり、自分自身、ゼロからチャレンジした感があって、今までにないものができたという手ごたえを感じています」と、自信をのぞかせた。「“変なタイトルだけど、どんなドラマなのかな”と思って見ていただいて、見終わった後に“なるほど”と得心してもらえたらうれしいですね。そして、ぜひたくさんの方に見ていただいて、第2弾へとつなげることができたら…」と、続編への期待も込めて視聴者に呼びかけていた。

■笠松将、中山忍、古田新太が共演

 主人公を取り巻くキャラクターたちも個性的。学生時代は“伝説のクイズ王”として鳴らしたものの、イマイチ雑学を捜査に生かしきれない、残念な若きキャリア・海東隼人を演じるのは、多彩な映像作品で鮮烈な印象を残し、2020年も『花と雨』、『カイジ ファイナルゲーム』、『ファンファーレが鳴り響く』など出演作が相次いでいる、笠松将。

 かつて名瀬とコンビを組んでいた、クールな神奈川県警の捜査一課刑事・紋田伊代役には、数々のミステリー作品で活躍する中山忍。そして、映画、ドラマ、舞台で次々と“怪演”を披露する俳優・古田新太が、のらりくらりと会話をはぐらかす山手中央署の署長・羽倉樫弥役で登場し、作品になんともおかしな味わいをもたらす。

 内藤は、本作でがっつりバディを組んだ笠松について、「役に対してまっすぐで、芝居に対する角度みたいなものがすごくいい! 役をどう演じるか、自分の中にきちんとデザインを持っている」と大絶賛。

 また、これまで数多く共演してきた中山には今回改めて感謝の思いがこみ上げたようで、「技術と安心感のある女優さんですが、今回は共演者というより、“共闘者”! 毎日一緒に撮影に立ち向かってくれて、とても頼りにさせていただきました」と、その思いを語っていた。

 さらに、「大好きな俳優のひとり」だという古田については「とにかく芝居がうまい! まさに“巧者”ですね。この作品の色合いも、古田さんが存在するか否かで、まるで違う気がします」と、圧倒的な存在感をべた褒めしていた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。