『TV Bros.』が定期刊行を終了

 『TVガイド』などのテレビ情報誌を発刊する東京ニュース通信社の雑誌『TV Bros.』が、2月22日発売号をもって、1987年から32年間続いた定期刊行を終了し、今後は不定期での刊行していく。

【画像】リニューアル第1号の表紙は細野晴臣&星野源

 今号の誌面内では「TV Bros.は32年間、定期誌として発行して参りましたが、2020年春からデジタル媒体に移行すべく準備中です! また、ご愛顧いただいたTV Bros.は3月から発行サイクルにとらわれない不定期刊行として生まれ変わります」と告知。「さらにTV Bros.ブランドとして、別冊TV Bros.、TV Bros.BOOKSなど、カルチャーを独自の視点から積極的に発行していければと思います」と呼びかけている。

 『TV Bros.』は、1987年に創刊。2018年4月には月刊テレビ情報誌としてリニューアルした。テレビ視聴環境の変化にあわせ、地上波やBS、CSに加え動画配信サービスまで、番組解説コラムでブロスらしくテレビ情報を紹介。また、テレビだけではなく、ラジオ、映画、音楽、アニメ、コミック、書籍など、様々なカルチャーを取り上げた特集は、他誌とは一線を画すディープな視点が高く評価された。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。