「死に物狂いで働いてなんぼ、みたいな価値観は根強く残っている」。徳島県内の機械メーカーに勤めていた夫=当時(35)=を1999年に自殺で亡くした女性は、過労死がなくならない現状に憤りを隠さない。 エンジニアだった夫は

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版(有料)に登録してください。