2019年7月、映画「天気の子」の上映に詰め掛けたファンら=東京都新宿区のTOHOシネマズ新宿

 日本映画製作者連盟(映連)は28日、2019年の映画概況を発表した。アニメ「天気の子」やディズニー映画「アナと雪の女王2」「アラジン」などが大ヒットし、邦画と洋画を合わせた国内興行収入(興収)の総額は前年比17・4%増の2611億円で過去最高となった。これまでの最高は16年の2355億円。

 入場者数は1971年以来、48年ぶりに1億9千万人を超えた。映連の岡田裕介会長は「シネコンが皆さんに定着し、(映画業界の)悲願の2億人までいま一歩のところまで来た」と語った。興収総額のうち邦画が占める割合は54・4%。邦画興収は前年比16・5%増の1421億9千万円。