『アレグラ(R)FX』新テレビCMに出演する大野智(嵐)と知念侑李(Hey!Say!JUMP)

 人気グループ・嵐の大野智が出演するアレルギー専用鼻炎薬『アレグラ(R)FX』新テレビCM「ちがうよ、チネラー」篇が2月3日より放送開始される。大野扮するアレグラ人のリーダー“サトシーラ”が、アレルギーに悩む地球人を救う同シリーズに、後輩アレグラ人“チネラー”としてHey!Say!JUMP・知念侑李が登場。CM初共演となる二人だが撮影ではまず大野が知念の肩に手をかけ「後輩です!」とスタッフに紹介。知念が「チネラーです!」と合わせてあいさつし、その微笑ましいやりとりに現場は和やかムードとなった。

大野智のテレビ出演歴

 実際に事務所の先輩・後輩として普段から公私ともに親交があるという大野と知念。撮影後のインタビューで知念は「憧れの先輩、サトシーラ先輩と、こうやって(CM共演)できることってなかなかないですから、本当に光栄ですし、後輩として、先輩と一緒に花粉に困っている日本のみなさんを二人で24時間しっかりと支えていきたいな、サポートしていきたいなと思います!」と“アレグラ人”としてコメントして盛り上げた。

 チネラーは「サトシーラに幼い頃から憧れ、尊敬している。その願いが叶ってサトシーラとともに花粉から地球を守る任務につく。銀河系体操選手権で優勝した実績もあり、甘いマスクでアレグラ人女性のファンも多い。得意料理は紫キャベツのマリネ」というキャラクター。

 CMではサトシーラと新たに加わったチネラーとが繰り広げる、コミカルでテンポの良い掛け合いと、息がぴったりと合ったアレグラポーズに注目。花粉に困る女性たちに向け、いち早く「アレグゥーラー」とポーズをとるチネラーに、「それ違う!」と取って代わり「アレーグラー」と正統派のアレグラポーズを決めるサトシーラ。間髪をいれずに「しっかり効く!」「眠くなりにくい!」と女性たちに効果を猛烈にアピールし始める。

 撮影開始にあたり、全身紫色のアレグラスーツに、紫色のヘアスタイルというアレグラ人姿でスタジオ入りした二人。知念が一人で「アレグゥーラー」とポーズをとるシーンでは、ポーズをとった後、サトシーラの「それ違う!」の声に合わせてチネラーが宇宙船から飛び降りるという演技だが、ジャンプするタイミングのきっかけとしてスタッフが知念に向けて「それ違う!」と声をかけるという段取りに。すると本番では知念のジャンプのきっかけとなる「それ違う!」の声を大野が担当した。

 実は控室で待機しているはずの大野だったがスタジオに残り、知念の演技のために自ら“きっかけ”の声出しを手伝うというサポートを全う。「ぜいたくな“きっかけ”出しだね」と監督から声がかかると、「こっちの方が(シーンの流れが)繋がるしね」と、さりげなく後輩を思いやる大野だった。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。