ニューヨーク証券取引所

 【ニューヨーク共同】29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比11・60ドル高の2万8734・45ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は5・48ポイント高の9275・16と続伸した。2019年10~12月期決算の内容が好感されたアップルが相場を下支えした。

 ダウ平均の上げ幅は一時、220ドルを超える場面もあった。米連邦準備制度理事会(FRB)による政策金利の据え置きは予想通りだったが、引けにかけて上昇幅が縮小した。

 銘柄別では、航空機のボーイングの上昇も目立った。