徳島県阿波踊り協会創立50年の歩みをまとめた記念誌

 徳島県阿波踊り協会が、1969年の創立から50年の歩みをまとめた記念誌(A4判、128ページ)を作成した。徳島新聞の記事と写真を使った活動紹介や協会幹部の対談などで構成し、これまでの歴史を振り返っている。

 巻頭の写真特集は、昨年9月に県内3カ所で開いた記念公演の模様を14ページにわたって掲載。歴史をたどるコーナーでは、大阪万博やハワイへの親善団派遣といった交流の様子をはじめ、昭和から令和までの阿波踊りの記録を収めた。

 次代を担う若手連員のメッセージなどを通じて、伝統を継承する決意も伝えている。所属する9支部54連の情報をまとめたページもある。

 500部作成。県内市町村や大学の図書館のほか、阿波踊り関係者らに配る。