政府の地震調査委員会が、南海トラフ巨大地震による津波が今後30年以内に沿岸を襲う確率を公表した。

 津波の高さを3メートル以上、5メートル以上、10メートル以上と区分し、地域ごとに起きる確率を6%未満、6~26%、26%以上の3段階で算出した。津波の危険性を確率で示した初めての予測データであり、防災・減災対策へ活用を図りたい。

 徳島県は南部の危険度が高く出た。阿南、美波、牟岐、海陽の4市町には、高さ3メートル以上の津波が「26%以上」の非常に高い確率で押し寄せる。海陽町は10メートル以上でも県内で唯一「6~26%」の高い確率となった。

 誤解を避けたいのは、「26%以上」が持つ意味である。

 南海トラフ巨大地震は30年以内に70~80%の確率で起きる―とかねて強調されているだけに、危険度が低下したと勘違いしかねない。交通事故でけがをするよりも高率だということを、認識しておく必要がある。

 津波の高さも同様だ。

 2012年に政府の中央防災会議が「美波町で最大24メートル」「海陽町で21メートル」などと示した津波高予測の衝撃が強いため、こちらも過小評価してしまう恐れがある。

 そもそも、12年の予測で打ち出したのは、理論上起こり得る最大級の津波高だ。今回は過去の地震記録から、より現実的な可能性を前提に算出した、趣旨の異なる別物の予測なのである。

 高さ3メートルの津波は住宅を全半壊させる規模で、大きな被害を引き起こす。高さ1メートルでも人は流され、死に至ることがある。軽視してはならない数値だということを、理解しておかなければならない。

 最大級の津波高が発生する可能性も、消えるわけではない。東日本大震災のような「想定外」の被害を繰り返さないために、最大級の津波と、確率の高い津波の両方に備えることが肝心である。

 美波町は最大級の津波襲来を想定し、大震災以降、津波避難タワー建設などの対策を講じてきた。「今後も前提は変わらない」と担当者は言っており、その姿勢を維持してもらいたい。

 3メートル以上の津波が襲う危険は、県南4市町だけでなく徳島、小松島、松茂、鳴門の各市町でも高い確率となった。

 「揺れたら逃げる」という基本行動の大切さは、以前と何ら変わらない。むしろ、命にかかわる津波の切迫度が判明し、重要度は高まったと言っていい。

 沿岸の自治体は今回示された予測を踏まえ、避難第一の心構えを住民に改めて徹底させるべきである。数値に油断してしまう人をなくすため、データの周知に取り組む必要もあろう。

 未着手の施設整備や避難路は、どこを優先的に進めるか。高齢者や障害者、日本語が分からない外国人の避難誘導に問題はないか。

 できるところから備えを急ぐことが求められる。