池田支援学校美馬分校生の作品に見入る来場者=美馬市美馬町の道の駅「みまの里」

 池田支援学校美馬分校(徳島県美馬市美馬町)が、開校10周年を記念した作品展を近くの道の駅「みまの里」で開いている。13日まで。

 1~3年生38人が美術や家庭科などの授業で作ったポスターやポーチ、エコバッグなど約100点を展示している。約2メートル四方の和紙に生徒が手型に切り取った紙を貼り、脇町高校(同市脇町)書道部の生徒がメッセージを添えた共同作品などが目を引いていた。

 東みよし町の無職中川敬司さん(60)は「作品を見ると、生徒の活動の様子が目に浮かぶ。学びの成果を見られて良かった」と話した。