二つに分かれて、足のように見えるダイコン=那賀町谷内

 那賀町谷内の小川由乃さん(80)方の畑で、二股に分かれて足のように見えるダイコンが採れた。「50年ダイコンを育てているが、こんな形は初めて」と笑う。

 長さは約40センチ、重さ6・1キロ。昨年9月中旬に種をまき、水や肥料をやって育ててきた。1月31日、おでんの具にするため収穫すると、見事な”足“が現れた。

 ほかのダイコンよりも水路近くで育っていたという。「暖かくて大きく育ったのかな」と不思議そうに話した。